火災保険

セコム損保の火災保険を専門家がメリット・デメリット、評判を教えたい!

引用元:セコム損保(https://www.secom-sonpo.co.jp/anshinmyhome/

1950年2月に東洋火災海上保険株式会社として設立され、1998年にセコムの資本参加により傘下に入りました。

セコム損保のセコム安心マイホーム保険は価格ドットコムで2020年現在第2位の商品となっています。

そんなセコム損保のセコム安心マイホーム保険は特徴が4つあります。

① 補償範囲で選ぶ3つのプラン

② 充実した割引制度で保険料が割安に

③ 自由に選択できる特約

④ 免責金額の設定が可能

セコム安心マイホーム保険の基本補償

引用元:セコム損保(https://www.secom-sonpo.co.jp/anshinmyhome/

自動でセットされる費用補償について

残存物取片づけ等費用

上記 a ~ c の費用を含めた損害額が、保険金額を超える場合は、1回の事故につき保険金額の30%に相当する額を限度として、上記 a ~ c の費用(損害保険金として支払われる費用は除きます。)をお支払いします。

セキュリティ・グレードアップ費用

上記1(落雷は除きます)または3の事故により保険の対象について損害保険金が支払われる場合、お客さまが危険軽減のために損害発生の日からその日を含めて180日以内に新たに支出された費用を1事故につき最高50万円までお支払いします。

水道管凍結修理費用

建物が保険の対象である場合、建物の専用水道管が凍結によって損壊し、これを修理したときにお支払いします。ただし、屋外水栓や散水栓などの屋外設備・装置は補償対象外となります。

損害防止費用

上記1の事故の際、損害の発生または拡大の防止のために支出した必要・有益な費用のうち、所定のものについてお支払いします。(例:消火活動に使用した消火薬剤等の再取得費用)

バルコニー等修理費用

保険の対象がマンション戸室の場合、基本補償プランで補償される事故によりバルコニー等の専用使用権付共用部分が損害を受け、管理組合の規約等に基づきこれを修理したときにお支払いします。

損害賠償請求権の保全・行使に要する費用

当社が保険金を支払うことにより取得する他人に対する損害賠償請求権の保全・行使に必要な費用を支出された場合に、お支払いします。

セコム安心マイホーム保険のメリット

  1. 充実した割引制度
  2. 保険料が割安
  3. 免責額が選べる
  4. 事故発生時の安心サービス
  5. 家財補償が手厚い

メリット①:充実した割引制度

セコム安心マイホーム保険は保険料の割引が充実しています。ホームセキュリティ割引、オール電化住宅割引、長期年払割引等利用可能な割引制度があります。

特に「ホームセキュリティ割引」は、セコムのセキュリティの加入されている方限定で割引されるため、ご自宅にセコムに契約している方は非常におすすめの保険です。

メリット②:保険料が割安

セコム損保の代理店はセコムになるため、マージンが発生せず、保険料が他社より割安になっています。

基本的には代理店持ちの損害保険会社は保険料が比較的高いため、セコム損保のメリットといえるでしょう。

メリット③:免責額が選べる。

基本補償のうち、免責金額なし、3万円、5万円、10万円、20万円または、風災・雹(ひょう)災・雪災(台風、雪崩等)による損害に対してのみ、3万円・5万円・10万円・20万円の免責金額が適用される等、セコム安心マイホーム保険は免責金額(自己負担額)を設定することができます。

メリット④:事故発生時の安心サービス

万が一、盗難事故が発生して、ガラスや鍵が壊されてしまっても安心です。

修理に関しての業者手配を行い、セコム損保が保険金で直接業者にその費用をお支払いします。

メリット⑤:家財補償が手厚い

他損保では貴金属等(貴金属・宝玉および宝石ならびに書画・骨董(とう)・彫刻物その他の美術品)は対象外もしくは制限がありますが、セコム安心マイホーム保険は基本的に対象となります。

家財補償の手厚さでは群を抜いてトップクラスでしょう。

セコム損保「セコム安心マイホーム保険」のデメリット

  1. 基本補償プランは3つからしか選べない。
  2. 費用保険金が少ない。

デメリット①:基本補償プランは3つからしか選べない

セコム安心マイホーム保険は基本補償を決められたプランからしか選ぶことができません。

そのため、自分が必要としていない補償も一緒に契約しなければなりません。

代理店型の損害保険会社は基本的にこのパッケージ型が多いため、補償の自由度は低いです。
全て必要な補償であると判断できれば問題はありませんが、不要だと判断できる場合はおすすめできません、

楽天損保やソニー損保ではフリープラン制をとっているため、補償をご自身でカスタマイズされたい方にはおすすめです。

楽天損保の火災保険をFP鑑定士の立場からメリット・デメリット、評判を解説【ホームアシスト】楽天損保「ホームアシスト」のメリット・デメリットや評価、評判をFP鑑定人解説します。...
ソニー損保の火災保険はこんな人におすすめ|火災保険鑑定士が評価【新ネット火災保険】ソニー損保(sony)の新ネット住宅火災保険についてまとめました。メリット・デメリット、評価、評判について。ソニー損保の火災保険は新しい火災保険として、個人的におすすめしたいです。...

デメリット②:費用保険金が少ない。

費用保険金が少ない代わりに特約で補償できるようになっています。

その代わり特約が豊富であるため、足りない部分は特約で補償できるようになっています。

まとめ:セコム安心マイホーム保険について

割引制度が充実の人気NEW火災保険

セコム損保のセコム安心マイホーム保険は保険料が他社に比べても比較的割安になっています。

私もさまざまな保険を比べましたが、代理店持ちの損害保険会社は保険料が比較的高いため、1番2番を争う価格設定です。

ただし、補償は特約をつけないと他社より心細いため、必要な特約を付けられることをおすすめします。

また、価格ドットコムの比較サイトでは2020年人気の火災保険ランキングでは第2位と人気も高い保険です。

まずは最近できた補償ということもあり、一度保険料を見積もってもいいと思います。

【完全版】火災保険比較サイトランキング|現役FPで火災鑑定士がおすすめ火災比較サイトを4つ選びました。比較し一番安く規約も良い自分に合う保険会社・商品を選びましょう。...

【無料】日本最大級の火災保険見積もり比較サービスをご紹介!

火災保険を見直したいけれど、自分で保険料や補償内容を比較するのは非常に面倒で、労力の無駄ですよね。

そんな方に今回ご紹介したいのが、無料見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

「保険スクエアbang!」は10年以上にわたって120万件の契約実績がある無料見積もり比較サービスです。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断サービス <<
FP火災鑑定士

私も実際に利用してみた結果、最近の見積もり診断サービスだとココが一番だと思います。

日本最大級の保険比較サイト!信頼と安心の実績!

「保険スクエアbang!」は10年以上にわたって120万件の契約実績があり、「たのめーる」や「保険見直し本舗」「ズバット」を運営している会社であるため、信用・信頼ができ、気軽に利用することができます。

比較サイトは怪しいというイメージがあるけれど、グループ会社としては2000人以上いる大企業が運営しているサイトだから安心できます。

たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!

保険料の比較を無料サービスで提供しているサイトは多々ありますが、「保険スクエアbang!」では30秒で見積もりをすることができます。

後日、一括見積もりをすると、損害保険見直し本舗という代理店が詳細を電話案内してくれます。

火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれる!

「保険スクエアbang!」は、火災保険のプロである保険見直し本舗の保険アドバイザーが無料診断してくれるので、必要な補償のみに加入することができます。

電話案内では、保険料の比較から補償内容の見直しまで幅広く対応していただけます。

電話連絡でのしつこいセールスがない!

「保険スクエアbang!」ではしつこいセールスが一切ありません。

FP火災鑑定士

実際私も利用してみた際は、翌々日に見積もり結果だけ連絡があり、その後不要なセールスの連絡は一切ありませんでした。

比較できる火災保険商品がダントツで多く、その数26商品!

「保険スクエアbang!」は火災保険の比較可能商品が最大で26商品あります。

保険アドバイザーがその中から、適切な火災保険を選んで提案してくれます。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断サービス <<

その他プラスポイント

納得がいくまで何度でも無料診断ができる!

「保険スクエアbang!」は無料診断後も、何度でも無料で相談できます。補償内容や保険料を納得がいくまで検討できるため、見積もりを渡されて終わりということはありません。

火災保険以外の無料診断も可能!

火災保険以外にも自動車保険や生命保険まで丁寧なコンサルティングにより、希望にかなったプランや補償を厳選し、提案することに力を入れています。

多くの火災保険商品から選びたい方や、現状の補償内容や保険料を見直したい方におすすめです。

FP火災鑑定士

業界内でもトップクラスの実績のある運営会社であるため、信用度、信頼度ならここで決まりでしょう。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断サービス <<