火災保険

ソニー損保の地震保険「地震上乗せ特約」とは?【専門家監修】

はじめに:日本に住んでて地震補償を気にしないのはおかしい!

突然ですが、日本は近年地震災害がとんでもなく増えています。

最近だと東日本大震災や熊本地震、北海道胆振東部地震、大阪北部地震等毎年のように震度6以上の地震が起きている状況です。

これは国土技術研究センターのデータでも明らかで、全世界で起こったマグニチュード6以上の地震の20.5%が日本で起こり、全世界の災害で受けた被害金額の11.9%が日本の被害金額となっています。

参照先:国土技術研究センター

そんな日本に住んでる限り、地震は避けては通れない災害の1つであるにも関わらず、多くの方は地震補償を気にされていません。

今回は地震補償の中でもソニー損保の地震上乗せ特約について説明させていただきたいと思います。

この記事を機に是非地震補償について再度見直しをしていただき、今後の参考にしていただきたいです。

100%地震の保険金が支払われる「地震上乗せ特約」とは?

地震上乗せ特約とは、既存の地震保険の契約に別途、上乗せする補償を民間会社が提供しています。火災保険に特約として付加することで、地震保険で足らない部分を補完することができます。

「地震危険等上乗せ特約」の場合は、地震による火災、津波、倒壊なども対象になります。

この特約をセットすることで地震等による損害が生じた場合に、地震保険金とあわせて、最大で火災保険金額の100%まで補償することができます。

ソニー損保の地震上乗せ特約のポイントは?

ソニー損保の公式ホームページでは3つポイントとして挙げています。

①全半損時に地震保険の保険金と同額を上乗せでお支払いします。

②地震保険の保険金額を火災保険金額の50%に設定した場合のみつけられます。

③火災保険と同様、全損時には最大で同様の家を新築できる額を補償できます。

引用元:ソニー損保(https://www.sonysonpo.co.jp/fire/

ソニー損保の地震上乗せ特約を付帯しない場合はどうなる?

「地震保険に関する法律」により、地震保険の保険金額は火災保険の保険金額の30~50%で設定することになっており、100%は補償されません。これは、ソニー損保に限らずどの保険会社の地震保険でも同様となります。

そのため、ソニー損保でも地震上乗せ特約を付帯しないと、火災保険金額の最大50%までしか補償されません。

ソニー損保の地震上乗せ特約はココが違う!

ダイレクト保険会社としては国内で初めて地震上乗せ特約をセット可能としたソニー損保の「新ネット火災保険」

地震保険では対象となっている「一部損」を対象外とし、「全損」「大半損」「小半損」の3損壊に限定しています。

一部損(軽微な被害)を対象外にすることで、「全損」「大半損」「小半損」の補償を手厚くし、保険料を抑えるように工夫がされています。

ですので、一部損を支払わないようにするというのは、決してマイナスではなく、大きな被害に遭い本当に保険金が必要な人に支払いをするという制度になっています。

ソニー損保の地震上乗せ特約の保険料は?

東京都の新築木造戸建て、床面積100㎡

火災保険のみ(風水災等なし)5,005円/年
通常地震保険(風水災等なし)37,905円/年
地震上乗せ特約付帯(風水災等なし)79,453円/年
地震上乗せ特約付帯(風水災等あり)97,754円/年

地震上乗せ特約を付けると41,548円/年高くなりました。実質倍以上になってしまいます。

おわりに:地震上乗せ特約は付帯するべき?

火災鑑定士でFPである筆者の立場からお話しするなら、付帯するべきであると言わざる負えません。

「はじめに」でお伝えした通り、日本は地震大国で、避けられない広域で起こる災害です。

東日本大震災のように津波で家が流されてしまったり、倒壊してしまう危険性は非常に高く、再度建て直す費用もかなり負担になってしまいます。

しかし、その分保険料は倍以上になってしまうため、月々の負担はかなり厳しいものになってしまいます。

また、ソニー損保の場合は一部損の場合は対象外となっています。

こういったデメリットとご自身の財布と相談いただき、地震上乗せ特約をセットでつけるか検討されてみてはいかがでしょうか。

ソニー損保の火災保険はこんな人におすすめ|火災保険鑑定士が評価【新ネット火災保険】ソニー損保(sony)の新ネット住宅火災保険についてまとめました。メリット・デメリット、評価、評判について。ソニー損保の火災保険は新しい火災保険として、個人的におすすめしたいです。...

【無料】日本最大級の火災保険見積もり比較サービスをご紹介!

火災保険を見直したいけれど、自分で保険料や補償内容を比較するのは非常に面倒で、労力の無駄ですよね。

そんな方に今回ご紹介したいのが、無料見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

「保険スクエアbang!」は10年以上にわたって120万件の契約実績がある無料見積もり比較サービスです。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断サービス <<
FP火災鑑定士

私も実際に利用してみた結果、最近の見積もり診断サービスだとココが一番だと思います。

日本最大級の保険比較サイト!信頼と安心の実績!

「保険スクエアbang!」は10年以上にわたって120万件の契約実績があり、「たのめーる」や「保険見直し本舗」「ズバット」を運営している会社であるため、信用・信頼ができ、気軽に利用することができます。

比較サイトは怪しいというイメージがあるけれど、グループ会社としては2000人以上いる大企業が運営しているサイトだから安心できます。

たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!

保険料の比較を無料サービスで提供しているサイトは多々ありますが、「保険スクエアbang!」では30秒で見積もりをすることができます。

後日、一括見積もりをすると、損害保険見直し本舗という代理店が詳細を電話案内してくれます。

火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれる!

「保険スクエアbang!」は、火災保険のプロである保険見直し本舗の保険アドバイザーが無料診断してくれるので、必要な補償のみに加入することができます。

電話案内では、保険料の比較から補償内容の見直しまで幅広く対応していただけます。

電話連絡でのしつこいセールスがない!

「保険スクエアbang!」ではしつこいセールスが一切ありません。

FP火災鑑定士

実際私も利用してみた際は、翌々日に見積もり結果だけ連絡があり、その後不要なセールスの連絡は一切ありませんでした。

比較できる火災保険商品がダントツで多く、その数26商品!

「保険スクエアbang!」は火災保険の比較可能商品が最大で26商品あります。

保険アドバイザーがその中から、適切な火災保険を選んで提案してくれます。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断サービス <<

その他プラスポイント

納得がいくまで何度でも無料診断ができる!

「保険スクエアbang!」は無料診断後も、何度でも無料で相談できます。補償内容や保険料を納得がいくまで検討できるため、見積もりを渡されて終わりということはありません。

火災保険以外の無料診断も可能!

火災保険以外にも自動車保険や生命保険まで丁寧なコンサルティングにより、希望にかなったプランや補償を厳選し、提案することに力を入れています。

多くの火災保険商品から選びたい方や、現状の補償内容や保険料を見直したい方におすすめです。

FP火災鑑定士

業界内でもトップクラスの実績のある運営会社であるため、信用度、信頼度ならここで決まりでしょう。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断サービス <<

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です