火災保険

家財保険300万円は少ないのか?|専門家が徹底解説

家財保険いくら補償すればよいか、はたまた本当に家財保険を契約する必要があるのかお悩みの方が非常に多いです。

それは建物は外部に存在するため、被害に遭う可能性が高いですが、室内にある家財は補償する必要がないと感じられているのではないでしょうか。

また、私は家財保険のボーダーラインと呼んでいますが、家財保険には300万円という必要最低補償金額のラインがあります。

補償額300万円という金額は実際被害に遭った場合、補償額300万円という金額で本当に良いか迷われている方も多いです。

今回は家財保険が必要なのか、また補償額は300万円のボーダーラインでよいのか解説していきます。

はじめに:家財保険とは?

家財保険とは、万が一の事故の際に家財の補償をする保険になります。

家財保険の内容は、例えば冷蔵庫、洗濯機やテレビなどの電化製品から、タンスやチェスト、ダイニングテーブル、洋服やアクセサリーなどの服飾品など、生活をする際に欠かすことができない家財道具一式のことを指します。

このような家財道具は、家族の人数が増えていくと補償金額は年々増加もしますので、家族全員分の家財となると思っている以上に高額な金額になります。

家財保険は補償できる金額も、補償内容も保険会社により様々です。詳しい内容は契約したい保険会社にお問い合わせください。

家財保険の基本的な補償内容

1.火災、落雷、破裂・爆発

火災、落雷、破裂・爆発の補償は、万が一の火災で家財が焼失してしまったり、損害を受けた場合や、落雷などの影響で家財が破損したり、電化製品が壊れた場合に保険金を受け取ることができます。

2.風災、雹災、雪災

風災、雹災、雪災の補償は、台風の際に窓ガラスが割れてしまい、家財が損害を受けたり、雹の影響で家財が損害を受けた際に保険金を受け取ることができます。

3.水濡れ

水濡れの補償は、マンションの上階から水が漏れてきて、その影響で家財が水に濡れて損害を受けてしまった際に保険金を受け取ることができます。

4.盗難

盗難の補償は、泥棒によって家財が盗まれてしまった場合や、現金の盗難にあった場合などに、保険金を受け取ることができます。

※現金や小切手の盗難に関しては保険会社によって上限が設けられている保険商品もありますので、ご注意ください。

5.水災

水災の補償は、大雨や洪水で床上浸水してしまい、家財が損害を受けてしまった場合に保険金を受け取ることができます。

6.破損、汚損

破損・汚損の補償とは、模様替えの際に机を家電にぶつけてしまって家電を壊してしまった場合や、飲み物をこぼしてしまいPCを壊してしまった場合に保険金を受け取ることができます。

基本的には上記6パターンの補償内容があります。貴金属類や高価な家財類については保険により補償内容が変わってきます。

家財保険は必要なのか?

必要か不要かは最終的には個人の判断となりますが、私見で回答すると家財保険は必要といえます。

セゾン自動車火災保険が2016年に「水濡れ」が家財保険支払いの第1位というデータがあります。

この「水濡れ」とはマンションや賃貸アパート等の水濡れ被害で補償された例でしょう。

そのため、まずマンションや賃貸アパート等共用住宅にお住まいの方は必須の保険といえます。

また、一軒家にお住いの方でも例えば日本海沿岸の雷が多い県では落雷の補償が、家と家の間が近い場合は火災の補償が必須といえます。

もちろん家財保険を契約しないという選択肢もあると思いますが、月々に負担が減り家計にとっては良い選択肢でしょう。

ただ火事で家財保険を契約しておらず、泣き寝入りとなったケースを何度もみてきた筆者からすると是非契約していただきたいです。

どんな家でも災害のリスクがあるため、家財保険は必要な保険といえるでしょう。

家財保険の補償額300万円は少ないのか?

家財保険の補償額300万円は世帯人数1人分程度です

実は家財保険のボーダーライン300万円は非常に少額です。

ご自宅を見渡していただくと、冷蔵庫や電子レンジといった家電製品から家にある物すべてが家財となります。

そのため、多くの保険会社が補償額300万円を世帯人数1人程度以下に設定されています。

では家財保険はいくら契約すれば良いでしょうか。

もちろんどこの保険会社も補償額の上限及び目安を設定していますが、その金額内で補償できる保険もあれば、一定の設定金額でのみ補償する保険があります。

一定の設定金額しか選択できない場合は致し方ないですが、家財保険の補償金額を選べる場合はもし実際に火事で全焼してしまった場合、家財の復旧にいくら必要か考えてみましょう。

家財を全て復旧しようと思うと、意外に金額が高額になります。

ただし、お守り程度でと検討されている方は先にお話しした補償額300万円でもよいかもしれません。

まずは実際に被害に遭った場合のことを考え、検討してみてはいかがでしょうか。

火災保険の選び方|4つのポイントで簡単わかりやすく【専門家監修】火災比較サイトを4つ選びました。比較し一番安く規約も良い自分に合う保険会社・商品を選びましょう。...
【完全版】火災保険比較サイトランキング|現役FPで火災鑑定士がおすすめ火災比較サイトを4つ選びました。比較し一番安く規約も良い自分に合う保険会社・商品を選びましょう。...

【無料】日本最大級の火災保険見積もり比較サービスをご紹介!

火災保険を見直したいけれど、自分で保険料や補償内容を比較するのは非常に面倒で、労力の無駄ですよね。

そんな方に今回ご紹介したいのが、無料見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

「保険スクエアbang!」は10年以上にわたって120万件の契約実績がある無料見積もり比較サービスです。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断サービス <<
FP火災鑑定士

私も実際に利用してみた結果、最近の見積もり診断サービスだとココが一番だと思います。

日本最大級の保険比較サイト!信頼と安心の実績!

「保険スクエアbang!」は10年以上にわたって120万件の契約実績があり、「たのめーる」や「保険見直し本舗」「ズバット」を運営している会社であるため、信用・信頼ができ、気軽に利用することができます。

比較サイトは怪しいというイメージがあるけれど、グループ会社としては2000人以上いる大企業が運営しているサイトだから安心できます。

たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!

保険料の比較を無料サービスで提供しているサイトは多々ありますが、「保険スクエアbang!」では30秒で見積もりをすることができます。

後日、一括見積もりをすると、損害保険見直し本舗という代理店が詳細を電話案内してくれます。

火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれる!

「保険スクエアbang!」は、火災保険のプロである保険見直し本舗の保険アドバイザーが無料診断してくれるので、必要な補償のみに加入することができます。

電話案内では、保険料の比較から補償内容の見直しまで幅広く対応していただけます。

電話連絡でのしつこいセールスがない!

「保険スクエアbang!」ではしつこいセールスが一切ありません。

FP火災鑑定士

実際私も利用してみた際は、翌々日に見積もり結果だけ連絡があり、その後不要なセールスの連絡は一切ありませんでした。

比較できる火災保険商品がダントツで多く、その数26商品!

「保険スクエアbang!」は火災保険の比較可能商品が最大で26商品あります。

保険アドバイザーがその中から、適切な火災保険を選んで提案してくれます。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断サービス <<

その他プラスポイント

納得がいくまで何度でも無料診断ができる!

「保険スクエアbang!」は無料診断後も、何度でも無料で相談できます。補償内容や保険料を納得がいくまで検討できるため、見積もりを渡されて終わりということはありません。

火災保険以外の無料診断も可能!

火災保険以外にも自動車保険や生命保険まで丁寧なコンサルティングにより、希望にかなったプランや補償を厳選し、提案することに力を入れています。

多くの火災保険商品から選びたい方や、現状の補償内容や保険料を見直したい方におすすめです。

FP火災鑑定士

業界内でもトップクラスの実績のある運営会社であるため、信用度、信頼度ならここで決まりでしょう。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断サービス <<

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です