火災保険

ソニー損保の火災保険はこんな人におすすめ|火災保険鑑定士が評価【新ネット火災保険】

ソニー損害保険株式会社は1998年に設立された損保会社です。

最近は火災保険をより強く力をいれて取り組んでおり、2020年のオリコン顧客満足度ランキングでは第一位を獲得しています。

そんなソニー損害保険株式会社の新ネット火災保険は公式サイトで特徴とされていることが3つあります。

①手頃な保険料

ソニー損保の新ネット火災保険は、中間コストを抑えたダイレクト販売。さらに、補償の組合せをお客様に自由に選んでいただくことで、ニーズに応じた合理的な保険料を実現できます。

②充実の補償内容

「安い保険は補償が薄いのでは……」。そんな心配はありませんか? ソニー損保の新ネット火災保険なら、火災による損害はもちろん、台風や豪雨などの自然災害(※)、盗難などにも備えられます。

③住まいの緊急かけつけサービスで毎日安心

水漏れや給排水管の詰まり、カギの紛失・盗難などのトラブル時、ご契約のお住まいまでかけつけて応急処置を行います。ご依頼は24時間年中無休で受付けます。

参照先:ソニー損保 新ネット火災保険(https://www.sonysonpo.co.jp/fire/

ソニー損保「新ネット火災保険」の規約内容について

基本補償(フリープランのため、選べます)

火災、落雷、破裂・爆発         火災、落雷、破裂・爆発などにより建物や家財に損害が生じた場合に保険金をお支払いする、火災保険の基本となる補償です。
風災、雹災、雪災台風などの風災、雹災、または豪雪などの雪災で建物や家財に損害が生じた場合に保険金をお支払いします。
水災   台風・暴風雨・豪雨・融雪洪水・高潮・土砂崩れ・落石などの水災が原因で建物や家財に損害が生じた場合に保険金をお支払いします。
水濡れ、外部からの物体の衝突など給排水設備の事故による水濡れや、建物外部からの物体の衝突などで建物や家財に損害が生じた場合などに、保険金をお支払いします。
盗難   強盗や窃盗(これらの未遂も含まれます。)により建物や家財が損 害を受けた場合に保険金をお支払いします。家財でこの補償を選択した場合は、現金なども一定の金額の範囲内で補償します。

参照先:ソニー損保 新ネット火災保険(https://www.sonysonpo.co.jp/fire/

費用保険金(基本補償に自動セットされます)

残存物取片づけ費用損害を受けた保険の対象の残存物の取片づけに必要な費用で、取りこわし費用・取片づけ 清掃費用・搬出費用について被保険者が負担した費用の額(実費)をお支払いします。
水道管修理費用保険の対象となる建物の専用水道管が凍結によって損壊し、これを修理した場合に保険金をお支払いします。
地震火災費地震等を原因とする火災で次のいずれかの損害が発生した場合に保険金をお支払いします。 ・保険の対象となる建物が火災で半焼以上となったとき・保険の対象となる家財が火災で全焼となったとき
損害防止費用「火災、落雷、破裂・爆発」の事故で、損害の発生または拡大の防止のために必要・ 有益な費用(消火活動に使った消火薬剤等の再取得費用等)を被保険者が負担した場合に保険金をお支払いします。

参照先:ソニー損保 新ネット火災保険(https://www.sonysonpo.co.jp/fire/

ソニー損保「新ネット火災保険」のメリット

メリット①:自由に基本補償が選べる

新ネット火災保険はフリープラン制をとっており、必要な基本補償を選んで契約することができます。

(例えば、水災を付けて盗難は補償を外すこともできます)

これは、楽天損保などネット保険が採用しているケースが多いです。

不要な補償を外すことで、保険料も抑えることができることも大きなメリットです。

楽天損保の火災保険をFP鑑定士の立場からメリット・デメリット、評判を解説【ホームアシスト】楽天損保「ホームアシスト」のメリット・デメリットや評価、評判をFP鑑定人解説します。...

メリット②: 地震上乗せ特約(全半損時のみ)で地震の補償も100%に

通常の地震保険では最大でも火災保険の保険金額の50%しか保険金がもらえないです。

しかし「地震上乗せ特約」なら全半損時の場合、地震保険でもらえる保険金が、火災保険の保険金額の100%になります。

地震大国の日本だからこそ付帯したい特約ですよね。

ソニー損保の地震保険「地震上乗せ特約」とは?【専門家監修】ソニー損保の地震保険、地震上乗せ特約についてまとめました。内容、ポイント、比較、保険料、全て読んでいただければわかります。...

メリット③:住宅トラブルに「住まいの緊急かけつけサービス」

自宅の水まわりやカギにトラブルが発生したときに、専門スタッフがかけつけて修繕などの応急処置を行います。

このサービスは楽天損保やAIG損保、損保ジャパンにも付帯しているサービスです。

こういったサービスがない保険会社もあるため、ソニー損保のメリットといえるでしょう。

緊急トラブル時、どうすれば良いかわからない状態でかけつけサービスがあるのは有難いですね。

メリット④:ご契約者優待サービスでホテルやハウスクリーニングを会員価格で

会員優待価格でさまざまな施設・サービスなどをご利用いただけます。

(例えばホテル・宿やハウスクリーニングなど)

リロクラブが提供しているクラブオフサービスが利用できるため、保険会社という枠を飛び越えたサービスといえます。

他社では提供していない、ソニー損保独自サービスです。

メリット⑤手頃な保険料

ダイレクト保険のため、代理店がありません。

そのため保険料を抑えることができ、他社に比べても比較的安いです。

保険料は是非比較サイトで比較してみてはいかがでしょうか。

【完全版】火災保険比較サイトランキング|現役FPで火災鑑定士がおすすめ火災比較サイトを4つ選びました。比較し一番安く規約も良い自分に合う保険会社・商品を選びましょう。...

ソニー損保「新ネット火災保険」のデメリット

デメリット①:信用度が低い

2005年9月に損保16社による保険金の大量不払いが発覚した問題で、ソニー損保もその16社に含まれており、2005年11月に新たに不払いが確認された10社を合わせた計26社のうちの1社として、金融庁から業務改善命令の行政処分を受けました。

現在は行政処分を受けたため、改善がされてるはずですが、過去に不祥事があったとして、信用度(信頼度)は他社より低いと言わざるを得ないでしょう。

デメリット②:代理店がないため、トラブルがあったときに不安

ソニー損保は保険料を抑えるため、代理店がありません。

そのため、何かあった場合のトラブルや保険で困った場合に直接顔を見てのやり取りができません。

「FACE TO FACE」でのやり取りにこだわりがない方にはおすすめします。

デメリット③:費用保険金、特約の種類が少ない。

費用保険金や特約が他社に比べると少ないです。

例えば損保ジャパン日本興和の火災保険に特約の種類は(2020年2月)現在12種類ありますが、ソニー損保の火災保険は(2020年2月)現在3種類のみです。

補償の幅を広げたいという方には不向きでしょう。

まとめ:ソニー損保「新ネット火災保険」の最終評価

ソニー損保「新ネット火災保険」は個人的にはおすすめしたい火災保険です。

規約・制度をみると様々な保険会社を研究されており、良いとこ取りをしているなーと思いました(笑)

補償を自由に設定できるフリープラン制度や地震上乗せ特約など最新の火災保険の形を作っているといえます。

ただし、信用度の問題であったり、補償が他社に比べると狭めることはできるが、広げることができないため、様々な視点でしっかりと補償したい方や不祥事があった会社はちょっとな…という方にはおすすめできません。

自分で補償をカスタマイズして保険料も抑えたい方には非常におすすめしたいです。

まずは比較サイトで保険料を比較してみてはいかがですか?

保険料やメリット・デメリットを踏まえたうえで、契約をしましょう。

【無料】日本最大級の火災保険見積もり比較サービスをご紹介!

火災保険を見直したいけれど、自分で保険料や補償内容を比較するのは非常に面倒で、労力の無駄ですよね。

そんな方に今回ご紹介したいのが、無料見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

「保険スクエアbang!」は10年以上にわたって120万件の契約実績がある無料見積もり比較サービスです。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断サービス <<
FP火災鑑定士

私も実際に利用してみた結果、最近の見積もり診断サービスだとココが一番だと思います。

日本最大級の保険比較サイト!信頼と安心の実績!

「保険スクエアbang!」は10年以上にわたって120万件の契約実績があり、「たのめーる」や「保険見直し本舗」「ズバット」を運営している会社であるため、信用・信頼ができ、気軽に利用することができます。

比較サイトは怪しいというイメージがあるけれど、グループ会社としては2000人以上いる大企業が運営しているサイトだから安心できます。

たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!

保険料の比較を無料サービスで提供しているサイトは多々ありますが、「保険スクエアbang!」では30秒で見積もりをすることができます。

後日、一括見積もりをすると、損害保険見直し本舗という代理店が詳細を電話案内してくれます。

火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれる!

「保険スクエアbang!」は、火災保険のプロである保険見直し本舗の保険アドバイザーが無料診断してくれるので、必要な補償のみに加入することができます。

電話案内では、保険料の比較から補償内容の見直しまで幅広く対応していただけます。

電話連絡でのしつこいセールスがない!

「保険スクエアbang!」ではしつこいセールスが一切ありません。

FP火災鑑定士

実際私も利用してみた際は、翌々日に見積もり結果だけ連絡があり、その後不要なセールスの連絡は一切ありませんでした。

比較できる火災保険商品がダントツで多く、その数26商品!

「保険スクエアbang!」は火災保険の比較可能商品が最大で26商品あります。

保険アドバイザーがその中から、適切な火災保険を選んで提案してくれます。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断サービス <<

その他プラスポイント

納得がいくまで何度でも無料診断ができる!

「保険スクエアbang!」は無料診断後も、何度でも無料で相談できます。補償内容や保険料を納得がいくまで検討できるため、見積もりを渡されて終わりということはありません。

火災保険以外の無料診断も可能!

火災保険以外にも自動車保険や生命保険まで丁寧なコンサルティングにより、希望にかなったプランや補償を厳選し、提案することに力を入れています。

多くの火災保険商品から選びたい方や、現状の補償内容や保険料を見直したい方におすすめです。

FP火災鑑定士

業界内でもトップクラスの実績のある運営会社であるため、信用度、信頼度ならここで決まりでしょう。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断サービス <<

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です