火災保険

共栄火災の火災保険のメリット・デメリット、評判|FPが解説【安心あっとホーム】

共栄火災海上保険株式会社は1942年に誕生した中堅の損害保険株式会社です。

その成り立ちは他社とは一線を画しており、元々は生活協同組合が立ち上げた保険会社で、JA共済全労済といった共済に分類されていました。

2002年にJA共済連を筆頭株主に深いつながりのある協同組合・協同組織諸団体を中心に出資を受け、相互会社から株式会社に転換しました。

そんな共栄火災海上保険株式会社が提供する個人用火災総合保険「安心あっとホーム」は公式ホームページに特徴として4つ挙げられています。

①“幅広い補償”で“安心!”

「安心あっとホーム」では、火災をはじめ、近年多発している「台風、竜巻、ひょう災、雪災」、「洪水、土砂崩れ、落石等の水災」から「日常生活の思いもよらない事故」まで、大切な“お住まい”の「建物」や「家財」を幅広くお守りします。さらに、地震保険で地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没・流失による損害も補償します。

②損害の額を全額補償してくれるから“安心!”

「安心あっとホーム」では、ご契約時に建物の新価での評価を適切に行い、その評価額の範囲内で保険金額を設定し、ご契約いただいた場合、保険金額を限度に損害の額を全額補償します。

③保険金の支払方法がわかりやすくて“安心!”

「安心あっとホーム」では、保険金額を限度に損害の額から自己負担額を差し引いた額を全額お支払いすることで、従来の火災保険にあったお支払のわかりにくさを解消しました。

④住まいの急なトラブルにも便利なサービスがあるから“安心!”

「安心あっとホーム」では、カギ開けや排水管のつまり等、“住まいのトラブル”に、専門スタッフを手配する「住まいの助っ人」をご提供します。

引用元:共栄火災公式ホームページ(https://www.kyoeikasai.co.jp/

火災保険の選び方|4つのポイントで簡単わかりやすく【専門家監修】火災比較サイトを4つ選びました。比較し一番安く規約も良い自分に合う保険会社・商品を選びましょう。...

共栄火災の火災保険「安心あっとホーム」の基本補償

❶火災
❷落雷
❸破裂・爆発
火災、落雷、破裂または爆発によって保険の対象が損害を受けた場合
❹風災・ひょう災・雪災風災(洪水、高潮等を除きます。)、ひょう災または雪災(融雪水の漏入もしくは凍結、融雪洪水または除雪作業による事故を除きます。)によって保険の対象が損害を受けた場合
❺水災台風、暴風雨等により発生した洪水、高潮、土砂崩れ、落石等の水災による損害
❻建物外部からの物体の落下、飛来、衝突、倒壊等建物の外部からの物体の落下、飛来、衝突、接触もしくは倒壊または建物内部での車両もしくはその積載物の衝突もしくは接触によって保険の対象が損害を受けた場合
❼水濡れ次の(1)または(2)のいずれかに該当する事故に伴う漏水、放水などによって損害を受けた場合(1)給排水設備に生じた事故。ただし、その給排水設備自体に生じた損害を除きます。(2)被保険者(保険の補償を受けられる方)以外の方が占有する戸室で生じた事故
❽騒じょう・労働争議等に伴う暴力行為・破壊行為騒じょう等の集団行動、労働争議に伴う暴力行為または破壊行為によって保険の対象が損害を受けた場合
❾盗難(1)建物、家財の盗難によって生じた盗取、損傷、汚損(2)生活用の現金、小切手、預貯金証書、印紙、切手または乗車券等の盗難(保険の対象を家財とした場合)
❶~❾以外の不測かつ突発的な事故不測かつ突発的な事故によって保険の対象が損害を受けた場合ただし、凍結によって専用水道管について生じた損壊を除きます。

引用元:共栄火災公式ホームページ(https://www.kyoeikasai.co.jp/

自動セットされる特約、費用保険金、

地震火災費用保険金

地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火 災で建物が半焼以上となった場合または保険の対象の家財が全焼した場合は、保険金額の5%をお支払いします。

残存物取片づけ費用保険金

損害保険金が支払われる場合に、損害を受けた保険の対象の残存物の取片づけに必要な費用で、実際にかかった費用をお支払いします。

水道管修理費用保険金

建物の専用水道管が凍結によって損壊を受け、これを修理する場合の費用をお支払いします(ただし、パッキングのみに生じた損壊は含みません。)。保険の対象に建物が含まれる場合のみ補償します。

損害防止費用

火災、落雷、破裂・爆発による損害の発生または拡大の防止のために、必要または有益な費用を支出した場合に、その損害防止費用の実費をお支払いします。

仮修理費用保険金・損害範囲確定費用保険金(仮修理費用・損害範囲確定費用特約)

損害保険金が支払われる場合に、損害を受けた保険の対象の復旧にあたり発生した仮修理費用または損害範囲確定費用について保険金をお支払いします。

引用元:共栄火災公式ホームページ(https://www.kyoeikasai.co.jp/

共栄火災の火災保険「安心あっとホーム」のメリット

メリット①:6プランから基本補償を選ぶことができるパッケージ型を採用

基本補償は6プランから選択ができるため、ある程度の選択肢からプランを選ぶことができます。

6プランというのは少なすぎず、多すぎず、丁度良い選択肢の数ではないでしょうか?

ちなみにこの後、デメリットで紹介しますが、基本補償を自由に選べるカスタマイズ型も火災保険にはあります。

メリット②:住まいのトラブルに対応してくれる「住まいの助っ人」サービス

鍵をなくして家に入れかったり、排水溝が詰まったりした場合、専門のスタッフを手配してもらえます。

24時間365日無料で対応してくれるサービスとなっています。

こういった住宅のトラブル対応は実はほぼどこの火災保険でもやっています。ただ、無いよりはあった方が良いサービスですよね。

メリット③:自己負担額は5パターンから選べる

どのプランでも自己負担額を0~10万円の間で選択可能です。

自分に合った金額で契約できるため、無理なく支払いができます。

また支払われ方もわかりやすく、保険金額を限度額に損害の額から自己負担額を差し引いた額が全額支払いされます。

メリット④:建物・家財のセット割引の利用ができる

建物と家財をセットで契約するとセット割引というのがあり、保険料が安くなります。

損保ジャパン日本興和の火災保険にも同様の制度があります。

火災保険といえば損保ジャパン|専門家が評判・デメリットを解説現役のFPで火災鑑定士が損保ジャパンの火災保険、THE すまいの保険「個人用火災総合保険」についてメリット、デメリット、評価をしました。...

共栄火災の火災保険「安心あっとホーム」のデメリット

デメリット①:基本補償をカスタマイズできない

共栄火災の「安心あっとホーム」ではメリット①でお伝えしたように、基本補償を決められたプランからしか選ぶことができません。

そのため、自分が必要としていない補償も一緒に契約しなければなりません。

代理店型の損害保険会社は基本的にこのパッケージ型が多いため、補償の自由度は低いです。

全て必要な補償であると判断できれば問題はありませんが、不要だと判断できる場合はおすすめできません、

楽天損保ソニー損保ではフリープラン制をとっているため、補償をご自身でカスタマイズされたい方にはおすすめです。

楽天損保の火災保険をFP鑑定士の立場からメリット・デメリット、評判を解説【ホームアシスト】楽天損保「ホームアシスト」のメリット・デメリットや評価、評判をFP鑑定人解説します。...
ソニー損保の火災保険はこんな人におすすめ|火災保険鑑定士が評価【新ネット火災保険】ソニー損保(sony)の新ネット住宅火災保険についてまとめました。メリット・デメリット、評価、評判について。ソニー損保の火災保険は新しい火災保険として、個人的におすすめしたいです。...

デメリット②:保険料が他社と比べると若干高い

共栄火災は、代理店型の保険会社であるため、ダイレクト型の保険会社と比較すると保険料は高めになります。

ただし、代理店型は対面で相談ができるため、安心して契約することができます。

まとめ:共栄火災の「安心あっとホーム」最終評価

共栄火災の火災保険は生協が作ったシンプルな火災保険

共栄火災はJA共済等生活協同組合が創立した50年以上続く中堅保険会社です。

そのため、共栄火災の火災保険は特筆したこともなく、逆にマイナスな部分も少なく、無駄なものがない「THE・火災保険」です。

主要株主も民間の人間ではなく、JA共済や全労済、信金であるため、非常に安心感があります。

もしも安心感があり、シンプルな火災保険を契約したい場合は共栄火災の「安心あっとホーム」を選ぶことをおすすめします。

【完全版】火災保険比較サイトランキング|現役FPで火災鑑定士がおすすめ火災比較サイトを4つ選びました。比較し一番安く規約も良い自分に合う保険会社・商品を選びましょう。...

【無料】日本最大級の火災保険見積もり比較サービスをご紹介!

火災保険を見直したいけれど、自分で保険料や補償内容を比較するのは非常に面倒で、労力の無駄ですよね。

そんな方に今回ご紹介したいのが、無料見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

「保険スクエアbang!」は10年以上にわたって120万件の契約実績がある無料見積もり比較サービスです。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断サービス <<
FP火災鑑定士

私も実際に利用してみた結果、最近の見積もり診断サービスだとココが一番だと思います。

日本最大級の保険比較サイト!信頼と安心の実績!

「保険スクエアbang!」は10年以上にわたって120万件の契約実績があり、「たのめーる」や「保険見直し本舗」「ズバット」を運営している会社であるため、信用・信頼ができ、気軽に利用することができます。

比較サイトは怪しいというイメージがあるけれど、グループ会社としては2000人以上いる大企業が運営しているサイトだから安心できます。

たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!

保険料の比較を無料サービスで提供しているサイトは多々ありますが、「保険スクエアbang!」では30秒で見積もりをすることができます。

後日、一括見積もりをすると、損害保険見直し本舗という代理店が詳細を電話案内してくれます。

火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれる!

「保険スクエアbang!」は、火災保険のプロである保険見直し本舗の保険アドバイザーが無料診断してくれるので、必要な補償のみに加入することができます。

電話案内では、保険料の比較から補償内容の見直しまで幅広く対応していただけます。

電話連絡でのしつこいセールスがない!

「保険スクエアbang!」ではしつこいセールスが一切ありません。

FP火災鑑定士

実際私も利用してみた際は、翌々日に見積もり結果だけ連絡があり、その後不要なセールスの連絡は一切ありませんでした。

比較できる火災保険商品がダントツで多く、その数26商品!

「保険スクエアbang!」は火災保険の比較可能商品が最大で26商品あります。

保険アドバイザーがその中から、適切な火災保険を選んで提案してくれます。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断サービス <<

その他プラスポイント

納得がいくまで何度でも無料診断ができる!

「保険スクエアbang!」は無料診断後も、何度でも無料で相談できます。補償内容や保険料を納得がいくまで検討できるため、見積もりを渡されて終わりということはありません。

火災保険以外の無料診断も可能!

火災保険以外にも自動車保険や生命保険まで丁寧なコンサルティングにより、希望にかなったプランや補償を厳選し、提案することに力を入れています。

多くの火災保険商品から選びたい方や、現状の補償内容や保険料を見直したい方におすすめです。

FP火災鑑定士

業界内でもトップクラスの実績のある運営会社であるため、信用度、信頼度ならここで決まりでしょう。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断サービス <<

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です