火災保険

火災保険といえば損保ジャパン|専門家が評判・デメリットを解説

損保ジャパン2014年9月1日に、損害保険ジャパンと日本興亜損害保険が合併して発足し、日本国内最大の損害保険会社となりました。

特に火災保険では、住宅金融支援機構特約火災保険や住宅金融支援機構まで請け負っており、日本で現在もトップで走り続けている損保です。

そんな損保ジャパン日本興亜のTHE すまいの保険「個人用火災総合保険」は価格ドットコム内で特徴とされていることが3つあります。

①自然災害をはじめ、身近な事故も補償します!

部屋の掃除中に誤ってドアや壁を壊してしまった!家から持っていったカメラを落として壊してしまった!自動車の車庫入れに失敗して、車庫を壊してしまった!なども補償の対象となります。(補償の対象となるかどうかは、お選びのプランや特約によって違いがあります。加入前にご確認ください)

②充実のサービスをすべてのプラン*無料付帯!「すまいとくらしのアシスタントダイヤル」

日常生活やお住まいのトラブル等でお困りの際に、専門業者を手配しての応急処置や、お電話でのご相談等に対応するサービスが無料で利用できます。(総括契約に関する特約がセットされた契約の場合は、サービスの対象外となります。)

③キャッシュレスでご契約OK

ご契約時に現金のご用意は必要ありません。 保険料は、保険口座振替・払込票(郵便局・コンビニエンスストア)・クレジッドカードによりお選びいただけます!したがってご契約時に現金をご用意いただく必要はありません。

損保ジャパン日本興亜のTHE すまいの保険「個人用火災総合保険」とは?

基本補償

火災・落雷・破裂または爆発火災、落雷、破裂または爆発により、保険の対象が損害を受けた場合
風災・ 雹災または雪災風災・ 雹災または雪災により、保険の対象が損害を受けた場合
水災台風、暴風雨、豪雨等による洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れ・落石等の水災
建物の外部からの物体の衝突等建物の外部からの物体の落下、飛来、衝突、接触もしくは倒壊または建物内部での車両もしくはその積載物の衝突もしくは接触による損壊
水濡れ給排水設備に生じた事故または被保険者以外の者が占有する戸室で生じた事故に伴う漏水、放水またはいっ溢水
不測かつ突発的な事故 (破損・汚損等)不測かつ突発的な事故により、保険の対象が損害を受けた場合

参照先:損保ジャパン日本興和サイト(https://www.sjnk.co.jp/kinsurance/habitation/sumai/sche/#50

費用保険金

『THE すまいの保険』では、「損害保険⾦」と「費⽤保険⾦」を組み合わせて利用できます。

損害保険⾦は、建物や家財の損害を補償するものです。

しかし万が⼀の際には、建物や家財の損害のほかに、さまざまな費⽤が必要となります。

その費⽤をサポートするのが、費⽤保険⾦です。

地震⽕災費⽤保険⾦地震・噴⽕またはこれらによる津波(以下「地震等」といいます。)
を原因とする⽕災で建物が半焼以上、または保険の対象である家財が全焼した場合は、保険⾦額の5%をお⽀払いします。
残存物取⽚づけ費⽤保険⾦

⽕災保険の損害保険⾦が⽀払われる場合に損害を受けた保険の対象
の残存物の取⽚づけに必要な費⽤で、実際にかかった費⽤
(損害保険⾦×10%限度)をお⽀払いします。

凍結水道管修理費用保険金

専⽤⽔道管が凍結によって損壊を受け、これを修理する場合
の費用で、実際にかかった費用(1回の事故につき、10万円限度)
をお支払いします。

臨時費⽤保険⾦

⽕災保険の損害保険⾦が⽀払われる場合に損害保険⾦に
プラスしてお⽀払いします。
臨時費⽤保険⾦は、損害保険⾦との合計額が保険⾦額を超過する
場合でもお⽀払いします。
損害防⽌費⽤

⽕災、落雷、破裂または爆発による損害の発⽣または拡⼤の防⽌の
ために必要または有益な費⽤として⽀出した以下の費⽤について、
実際にかかった費用(保険金額限度)をお支払いします。

参照先:損保ジャパン日本興和サイト(https://www.sjnk.co.jp/kinsurance/habitation/sumai/sche/#50

損保ジャパン日本興亜のTHE すまいの保険「個人用火災総合保険」のメリット

  • 住まいのトラブルに対応してくれる「すまいとくらしのアシスタントダイヤル」
  • 契約は全てキャッシュレス決済が可能
  • 免責額が5パターンから選べる
  • 損保ジャパン日本興和の独自割引「建物+家財セット割引」
  • 「損保ジャパン日本興和」のネームバリュー
  • 地震に特化できる「地震危険等上乗せ特約」

メリット①:住まいのトラブルに対応してくれる「すまいとくらしのアシスタントダイヤル」

エアコンの水漏れや鍵の紛失、トイレのつまりなど住宅のトラブルがあった場合に、専門業者を手配します。

このサービスは楽天損保やAIG損保にも付帯しているサービスですが、こういったサービスがない保険もあるため、『損保ジャパン日本興亜のTHE すまいの保険』ならではのメリットといえるのではないでしょうか。

メリット②:契約は全てキャッシュレス決済が可能

契約時、現金が必要な保険会社はまだ多くありますが、損保ジャパンは完全キャッシュレス可しています。

そのため、様々な支払方法を選ぶことが可能です。

クレジットカードを指定し、クレジットカードのポイントを貯めるというのもいいと思います。

メリット③:免責額が5パターンから選べる

免責額は0円、1万円、3万円、5万円、10万円から選ぶことができます。

免責額は自己負担額のことで、自己負担額が少ないほど、支払額は多いですがその分保険料も上がります。

免責額が選べるということはその分自由度も高く、保険金が下りるときはよりリアルに金額がわかります。

メリット④:損保ジャパン日本興和の独自割引「建物+家財セット割引」

セコム安心マイホーム保険にはホームセキュリティ割引や、AIG損保にはWEB申し込み割とう独自の割引がある中、損保ジャパン日本興和は独自の割引で建物に家財をセットして保険期間10年で契約すると、家財の保険料が割安になります。

ただし、割引の数はさほど多くはないため、割引に特化した保険ではありません。

メリット⑤:「損保ジャパン日本興和」のネームバリュー

これは東京海上日動にも言えることですが、損保ジャパン日本興和には日本最大の保険会社であるため、ネームバリューがあります。

東京海上日動の火災保険の評判、メリット・デメリット|FPが解説【トータルアシスト住まいの保険】東京海上日動の火災保険のメリット、デメリット、口コミ、評判をまとめました。FPで火災鑑定士の筆者がマリンの「トータルアシスト住まいの保険」を評価します。地震保険、安い保険を探している方、是非ご一読ください。...

そのため、倒産するリスクも他社より圧倒的に低いです。(保険会社は倒産リスクにも保険を掛けていますが)

メリット⑥:地震に特化できる「地震危険等上乗せ特約」

通常の地震保険では最大でも火災保険の保険金額の50%しか保険金がもらえないです。

しかし「地震危険等上乗せ特約」なら全壊の場合、地震保険でもらえる保険金が、火災保険の保険金額の100%になります。

これは他社ではソニー損保と東京海上日動にあるのみにある補償で、日本という国に合った補償といえます。

また特約の種類が豊富にあるのも、魅力の1つです。

損保ジャパン日本興亜のTHE すまいの保険「個人用火災総合保険」のデメリット

  • 基本補償が6プランから選べるが…
  • 保険料が割高

デメリット①:基本補償が6プランから選べるが…

基本補償はベーシック(Ⅰ型)ベーシック(Ⅰ型)水災なし、ベーシック(Ⅱ型)ベーシック(Ⅱ型)水災なし、スリム型(I型)スリム(Ⅱ型)の6プランから選ぶことができます。

しかし、フリープランをとっている楽天損保と比較すると、自由度は低めです。

自分が補償したい内容を選びたい方はそちらをおすすめします。

楽天損保の火災保険をFP鑑定士の立場からメリット・デメリット、評判を解説【ホームアシスト】楽天損保「ホームアシスト」のメリット・デメリットや評価、評判をFP鑑定人解説します。...

しかし、現在の損保業界は3プランや6プラン制度がまだまだ主流であるため、楽天損保のような保険はまだまだ珍しいです。

デメリット②:保険料が割高

やはり損保ジャパン日本興和は手厚いサービスということもあり他社と比べて若干割高に保険料が設定されています。

特に割引も多くはないため、利用できたとしても割引率はさほど高くはありません。

まとめ:損保ジャパン日本興亜のTHE すまいの保険「個人用火災総合保険」最終評価

損保ジャパン日本興和は、他社ではやっていない新しい特約を作ったり、損害保険業界でパイオニア的な保険会社です。

その中で「地震危険等上乗せ特約」は地震の補償を手厚くする他社には類を見ない補償であり、契約する場合は付帯したい特約です。

しかし、「必要最低限でいい」「お守り程度に」と考えている方には不向きといえるでしょう。

補償をできるだけ手厚くされたい方におすすめします。

まずは保険料と補償の手厚さを比べるためにも比較サイトで火災保険の比較し、見直しや契約をするべきではないでしょうか。

【完全版】火災保険比較サイトランキング|現役FPで火災鑑定士がおすすめ火災比較サイトを4つ選びました。比較し一番安く規約も良い自分に合う保険会社・商品を選びましょう。...

【無料】日本最大級の火災保険見積もり比較サービスをご紹介!

火災保険を見直したいけれど、自分で保険料や補償内容を比較するのは非常に面倒で、労力の無駄ですよね。

そんな方に今回ご紹介したいのが、無料見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

「保険スクエアbang!」は10年以上にわたって120万件の契約実績がある無料見積もり比較サービスです。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断サービス <<
FP火災鑑定士

私も実際に利用してみた結果、最近の見積もり診断サービスだとココが一番だと思います。

日本最大級の保険比較サイト!信頼と安心の実績!

「保険スクエアbang!」は10年以上にわたって120万件の契約実績があり、「たのめーる」や「保険見直し本舗」「ズバット」を運営している会社であるため、信用・信頼ができ、気軽に利用することができます。

比較サイトは怪しいというイメージがあるけれど、グループ会社としては2000人以上いる大企業が運営しているサイトだから安心できます。

たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!

保険料の比較を無料サービスで提供しているサイトは多々ありますが、「保険スクエアbang!」では30秒で見積もりをすることができます。

後日、一括見積もりをすると、損害保険見直し本舗という代理店が詳細を電話案内してくれます。

火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれる!

「保険スクエアbang!」は、火災保険のプロである保険見直し本舗の保険アドバイザーが無料診断してくれるので、必要な補償のみに加入することができます。

電話案内では、保険料の比較から補償内容の見直しまで幅広く対応していただけます。

電話連絡でのしつこいセールスがない!

「保険スクエアbang!」ではしつこいセールスが一切ありません。

FP火災鑑定士

実際私も利用してみた際は、翌々日に見積もり結果だけ連絡があり、その後不要なセールスの連絡は一切ありませんでした。

比較できる火災保険商品がダントツで多く、その数26商品!

「保険スクエアbang!」は火災保険の比較可能商品が最大で26商品あります。

保険アドバイザーがその中から、適切な火災保険を選んで提案してくれます。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断サービス <<

その他プラスポイント

納得がいくまで何度でも無料診断ができる!

「保険スクエアbang!」は無料診断後も、何度でも無料で相談できます。補償内容や保険料を納得がいくまで検討できるため、見積もりを渡されて終わりということはありません。

火災保険以外の無料診断も可能!

火災保険以外にも自動車保険や生命保険まで丁寧なコンサルティングにより、希望にかなったプランや補償を厳選し、提案することに力を入れています。

多くの火災保険商品から選びたい方や、現状の補償内容や保険料を見直したい方におすすめです。

FP火災鑑定士

業界内でもトップクラスの実績のある運営会社であるため、信用度、信頼度ならここで決まりでしょう。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断サービス <<

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です