ジャニーズ

赤西仁の全盛期!ジャニーズ時代を振り返る|かっこいい伝説【最新】

赤西仁のプロフィール

赤西仁は、1998年1月8日にジャニーズ事務所のオーディションを受けた。同じ日にオーディションを受けた中に、亀梨和也、上田雄一、藤ヶ谷太輔がいた。2001年、中丸雄一、上田竜也、亀梨和也、田口淳之介とともにKAT-TUNを結成した。

2006年3月22日にシングル「Real Face」、アルバム『Best of KAT-TUN』、DVD『Real Face Film』でデビューを果たした。その後、1年間のロサンゼルスへの語学留学を経て、2010年KAT-TUN脱退。現在はソロ活動をしている。

赤西仁のジャニーズ時代の伝説まとめ

赤西仁がジャニーズ事務所に所属していた1998年から2010年7月16日までの伝説をまとめています。

赤西仁と亀梨和也の真実!不仲説や伝説のジュニア時代まとめ赤西仁と亀梨和也の不仲説や伝説のジュニア時代についてまとめました。二人についての真実。本当に仲が悪かったのか。様々なコンテンツから徹底追求しました。...

全盛期伝説①:ジャニーズJrに入った理由がスターすぎる!?

1998年11月8日、赤西仁はJr.オーディションで落選しています。番号札を返却するため、「おじさん、どこに返せばいい?」と聞いた相手が、偶然にも故・ジャニー喜多川元社長でした。

そのうえ、番号札が1番だったことで、「YOU、残っちゃえば?」とジャニー氏から合格をもらいました。

全盛期伝説②:デビュー前の初コンサートで…

デビュー前、初めてのコンサートでは、2万人の動員キャパに対して55万人の応募が殺到、異例の倍率でした。

言うまでもなく約53万人という膨大な人が落選したため、『55万人 愛のリクエストに応えて!!』というタイトルでライブDVDを発売した。

全盛期伝説③:デビュー前のドラマでシリーズ最高視聴率も!

デビュー前にシンメである亀梨和也と出演したドラマ「ごくせん シーズン2」では平均視聴率27.8 %最終回は32.5 %と日本テレビのドラマで平均視聴率1位を獲得しています。

先に嵐としてデビューしていた先輩の松本潤がメインだった『ごくせん 第1シリーズ」Hey!Say!JUMPとしてデビューしていた高木雄也がメインだった第3シリーズもありますが、まだジュニアだった赤西亀梨が出演したシリーズが、ずば抜けて高視聴率をとっています。

https://twitter.com/ringo_10Do/status/1245666433746399234

全盛期伝説④:恋人にしたいランキング殿堂入り!?

かつてCDTVで、夏と冬に年2回おこなわれていた恒例だった「恋人にしたいアーティストランキング」で、赤西仁が5連続1位をとってます。5連覇を成し遂げてるのは、このランキング史上、赤西仁一人だけです。

更には同ランキングの赤西仁5連覇のうち、最初の1位の時以外すべて、1位赤西仁・2位は亀梨和也で、KAT-TUNでワンツーフィニッシュを飾ってます。最初の赤西仁1位の時も亀梨和也は3位です。

ここまで連続でワンツーフィニッシュを飾り続けたのも、赤西・亀梨ペアだけです。

全盛期伝説⑤:デビュー曲「Real Face」で!

シングル『Real Face』でデビューした際、同時にデビューアルバムとDVDもリリースしており、その全てが各部門で初登場1位を獲得しました。

シングル・アルバム・DVD、同時に全て1位でのデビュー”という、史上初の記録を達成です。これは後にも先にもKAT-TUNのみです。

全盛期伝説⑥:退所後も赤西チルドレンが絶えず…

Sexy Zoneの菊池風磨、Hey!Say!JUMPの髙木雄也、SixTONESの京本大我は赤西仁の外ハネヘアを真似しており、現在もジュニアには赤西信者が絶えません。

他にもジャニーズジュニアや現役のジャニーズ後輩が赤西仁の曲やKAT-TUNの曲を歌い続けています。退所後もここまで神格化されているのは赤西仁以外いないでしょう。

全盛期伝説⑦:ポスト木村拓哉の呼び声も高かった!?

KATーTUN時代では「ポスト木村拓哉」との呼び声も高く、人気が飛び抜けていました。

2015年版「世界で最もハンサムな顔100人」で、日本人トップの34位を獲得。

「絶頂期の女性ウケが凄かった男性芸能人」というランキングでは1位が元SMAPの木村拓哉6位に赤西仁でした。これはジャニーズ内では木村拓哉の次に上位に食い込んでいました。

曲:カウコンでは東京ドームが揺れた!TOKIOの曲をカバー

曲:赤西仁と元NEWS錦戸亮がジュニア時代にコラボ!

曲:故ジャニーさんを赤西仁が歌う…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です