火災保険

火災保険(戸建て)を補償内容で比較まとめ|FPで鑑定士が特徴が解説

はじめに:火災保険を保険料だけで比較してはいけません。

火災保険を比較する場合、保険料だけで検討される方がいらっしゃいますが、これは一番やってはいけません。

保険料が安いということは確かに大切ですが、火災保険には1つ1つ特徴や特色があります。

火災保険のメリット・デメリットを理解した上で契約する必要があるため、

契約する場合は、必ず該当の火災保険についてご一読いただき、理解いただいた上で契約されることをおすすめします。

火災保険の選び方|4つのポイントで簡単わかりやすく【専門家監修】火災比較サイトを4つ選びました。比較し一番安く規約も良い自分に合う保険会社・商品を選びましょう。...

3メガ損保を比較

損害保険の収入保険料の9割以上を担っているのが「3メガ損保」と呼ばれる3社です。

その3メガ損保とは「損保ジャパン日本興亜ホールディングス」、「MS&ADインシュアランスホールディングス(あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上)」、「東京海上ホールディングス」のことを指します。

東京海上日動「トータルアシスト住まいの保険」

東京海上日動といえば、我々損害保険業界では老舗中の老舗で、売上高では、2020年現在日本の損害保険業界のトップとなる損害保険会社です。

ネームバリューや信用度は他社を圧倒できるほどの力があるため、THE火災保険を選びたい方におすすめします。

信用度や信頼度で選ぶならこの保険会社でしょう。

東京海上日動の火災保険の評判、メリット・デメリット|FPが解説【トータルアシスト住まいの保険】東京海上日動の火災保険のメリット、デメリット、口コミ、評判をまとめました。FPで火災鑑定士の筆者がマリンの「トータルアシスト住まいの保険」を評価します。地震保険、安い保険を探している方、是非ご一読ください。...

損保ジャパン日本興亜「THE すまいの保険」

損保ジャパン日本興和は東京海上に次いで2番手というイメージが強いですが、火災保険という面では、住宅金融支援機構特約火災保険や住宅金融支援機構まで請け負っており、メガ損保の中でも特に火災保険が強い保険会社です。

特徴としては基本的に火災保険のパイオニア的存在で新たな制度や特約を作っていくことに長けています。

例えば「地震危険等上乗せ特約」なら全壊の場合、地震保険でもらえる保険金が、火災保険の保険金額の100%もらえる特約を作ったり、支払スピードも迅速にしていただけると評判の保険会社です。

火災保険といえば損保ジャパン|専門家が評判・デメリットを解説現役のFPで火災鑑定士が損保ジャパンの火災保険、THE すまいの保険「個人用火災総合保険」についてメリット、デメリット、評価をしました。...

三井住友海上火災保険「GKすまいの保険」

保険料収入で業界3位の大手である三井住友海上火災保険が提供する火災保険は個人的には高齢者におすすめしたい保険です。

親族の緊急事態に対応できる「親族連絡先制度」を設けていたり、「GK すまいの保険 グランド」にすれば家具移動・電球交換サービスまであったりと高齢者に優しいサービスが多々見受けられます。

また特約の種類も豊富で、その数17種類もあり様々なニーズに答えられるように制度が作られています。

他にも家庭がある方にもおすすめできる保険のため詳しくは専用ページをご覧ください。

三井住友海上の火災保険メリット・デメリットを紹介【専門家が読み解く】三井住友海上火災保険が提供している『GKすまいの保険』は個人的には高齢者の方におすすめしたい火災保険です。理由とメリット、デメリット、評価を元損保社員でファイナンシャルプランナーの筆者が紹介しています。...

あいおいニッセイ同和損保「タフ・すまいの保険」

あいおいニッセイ同和損保の火災保険はいい意味で特色がなく、要らないものを省いて基本を重んじる火災保険です。

そのため、あいおいニッセイ独自の内容は少ないですが、税務トラブルまで相談できたりとちょっと手の届かない場所に手が伸びるようなサービスがあります。

また、認知症の同居の親族がいらっしゃる方におすすめしたい個人賠償特約もあるため該当の方にはおすすめです。

あいおいニッセイ同和損保の火災保険のメリット・デメリットは?|FPで鑑定士が評価【タフ・すまいの保険】あいおいニッセイ同和損保のタフ・すまいの保険についてまとめました。メリット・デメリット、評価、評判について。あいおいニッセイ同和損保の火災保険の基本補償、費用保険金についてもまとめました。...

ダイレクト損保を比較

インターネットを通じて保険を販売しているダイレクト型損保。ダイレクト型損保の魅力は保険料が安くて、手続きが簡単です。

ソニー損保「新ネット火災保険」

ソニー損保の「新ネット火災保険」は2020年のオリコン顧客満足度ランキングでは第一位を獲得しています。

補償を自由に設定できるフリープラン制度や地震上乗せ特約など他社でもなかなかやっていない、最新の火災保険の形を作っているといえます。

また、ご契約者優待サービスでホテルやハウスクリーニングを会員価格で利用できたりと、補償以外のサービス面も充実しています。

ソニー損保の火災保険はこんな人におすすめ|火災保険鑑定士が評価【新ネット火災保険】ソニー損保(sony)の新ネット住宅火災保険についてまとめました。メリット・デメリット、評価、評判について。ソニー損保の火災保険は新しい火災保険として、個人的におすすめしたいです。...

楽天損保「ホームアシスト」

2018年1月に楽天損保となったため、あまり認知度は低いですが、人気はすでに高く価格ドットコムのランキングでは新星ながら2位という実力の火災保険です。

今後は楽天ポイントの付与が増加したり、改善がされていく可能性を秘めているため、これからが楽しみでもあり、特に楽天ユーザーにおすすめです。

補償を自由に設定できるフリープラン制度も採用しており、補償内容も目新しいものが多いです。

楽天損保の火災保険をFP鑑定士の立場からメリット・デメリット、評判を解説【ホームアシスト】楽天損保「ホームアシスト」のメリット・デメリットや評価、評判をFP鑑定人解説します。...

セコム損保「セコム安心マイホーム保険」

セコム損保のセコム安心マイホーム保険は価格ドットコムで2020年現在第一位の商品となっています。

保険料が他社に比べても割安になっており、割引の制度も充実しています。

またセコムの損保会社ということもあり、セコムホームセキュリティと契約している方は割引制度があるため、おすすめです。

セコム損保の火災保険を専門家がメリット・デメリット、評判を教えたい!1950年2月に東洋火災海上保険株式会社として設立され、1998年にセコムの資本参加により傘下に入りました。そんなセコム損保のセコム安心マイホーム保険は特徴が4つあります。...

SBI損保「SBI損保の火災保険」

SBI損保の火災保険は上級者向けの火災保険です。

基本補償、費用保険金、特約は必要最低限になっており、全てフリープラン制で必要な補償を選ぶことができます。

シンプルで分かりやすく、補償の自由度が高い故に、内容を熟考しなければならないため、必要な補償を外さないよう気をつけてください。

SBI損保の火災保険のメリット・デメリット、評判をFPが解説SBI損保の火災保険についてメリット、デメリット、評価、評判、良さをFPで火災保険鑑定士でFPが解説します。...

その他火災保険の取り扱いがある損保を比較

メガ損保やダイレクト損保以外でも、その方に合った補償があります。

AIG火災保険「ホームプロテクト総合保険」

AIG火災保険は非常に保険料と補償内容のバランスのいい火災保険です。

WEB申込をすれば、WEB申込割引が適用され保険料が10%下がります。

AIG損保の火災保険の評判、メリット・デメリット|FPが解説【ホームプロテクト総合保険】AIG損保の火災保険(ホームプロテクト総合保険)おすすめできるか?FPがメリット、デメリット、評価、評判を徹底解説。地震保険、安い保険を探している方、是非ご一読ください。...

共済を比較

保険以外にも生活協同組合がやっている「共済」という選択肢があります。

JA共済「建物更生共済」

JA共済は保険業界でもあまりない最大30年の長期保障と、世界トップレベルの契約高を保有している安心感を兼ね備えています。

ただし、1プランのみであったり、掛け金も高かったりとデメリット部分もあるため、総合的に判断しましょう。

JAの火災共済「建物更生共済」のメリット・デメリット、評判|FPが解説JA共済の火災共済(火災保険)の建物更生共済「むてきプラス」のメリット、デメリット、評価、評判をまとめました。...

県民共済「新型火災共済」

県民共済の「新型火災共済」は地域密着型のお守り保険といわれています。

「火災保険の月々の支払いもったいないから辞めたいけど、辞めるのは不安」という方には非常におすすめできる共済です。

県民共済の新型火災共済はなぜ人気?専門家がメリット・デメリットを解説 引用元:都道府県民共済公式ホームページ(https://www.kyosai-cc.or.jp/yakusoku/) 都道府県民...

【無料】日本最大級の火災保険見積もり比較サービスをご紹介!

火災保険を見直したいけれど、自分で保険料や補償内容を比較するのは非常に面倒で、労力の無駄ですよね。

そんな方に今回ご紹介したいのが、無料見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

「保険スクエアbang!」は10年以上にわたって120万件の契約実績がある無料見積もり比較サービスです。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断サービス <<
FP火災鑑定士

私も実際に利用してみた結果、最近の見積もり診断サービスだとココが一番だと思います。

日本最大級の保険比較サイト!信頼と安心の実績!

「保険スクエアbang!」は10年以上にわたって120万件の契約実績があり、「たのめーる」や「保険見直し本舗」「ズバット」を運営している会社であるため、信用・信頼ができ、気軽に利用することができます。

比較サイトは怪しいというイメージがあるけれど、グループ会社としては2000人以上いる大企業が運営しているサイトだから安心できます。

たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!

保険料の比較を無料サービスで提供しているサイトは多々ありますが、「保険スクエアbang!」では30秒で見積もりをすることができます。

後日、一括見積もりをすると、損害保険見直し本舗という代理店が詳細を電話案内してくれます。

火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれる!

「保険スクエアbang!」は、火災保険のプロである保険見直し本舗の保険アドバイザーが無料診断してくれるので、必要な補償のみに加入することができます。

電話案内では、保険料の比較から補償内容の見直しまで幅広く対応していただけます。

電話連絡でのしつこいセールスがない!

「保険スクエアbang!」ではしつこいセールスが一切ありません。

FP火災鑑定士

実際私も利用してみた際は、翌々日に見積もり結果だけ連絡があり、その後不要なセールスの連絡は一切ありませんでした。

比較できる火災保険商品がダントツで多く、その数26商品!

「保険スクエアbang!」は火災保険の比較可能商品が最大で26商品あります。

保険アドバイザーがその中から、適切な火災保険を選んで提案してくれます。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断サービス <<

その他プラスポイント

納得がいくまで何度でも無料診断ができる!

「保険スクエアbang!」は無料診断後も、何度でも無料で相談できます。補償内容や保険料を納得がいくまで検討できるため、見積もりを渡されて終わりということはありません。

火災保険以外の無料診断も可能!

火災保険以外にも自動車保険や生命保険まで丁寧なコンサルティングにより、希望にかなったプランや補償を厳選し、提案することに力を入れています。

多くの火災保険商品から選びたい方や、現状の補償内容や保険料を見直したい方におすすめです。

FP火災鑑定士

業界内でもトップクラスの実績のある運営会社であるため、信用度、信頼度ならここで決まりでしょう。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断サービス <<

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です